2018年2月19日月曜日

駅長ブログ ライブラリー189

駅長ブログ ライブラリー
2012年6月4日掲載 撮り鉄 お客様写真189
153系 急行伊豆・急行東海
153系 低運転台
昭和56年7月撮影
(撮影場所)
川崎駅
(お客様のコメントです)
昭和56年10月、153系急行型電車が終了とな直前に撮影しました。



153系 高運転台
(掲載当時と同じコメントです)

2018年2月18日日曜日

箱根ヶ崎駅西口から当店までの道順のお知らせ!

箱根ヶ崎駅 西口から当店までほぼ一直線で、かかる時間は徒歩15分ぐらいです!
 
箱根ヶ崎駅 西口からファインクラフトまでの距離は約1000mです。
箱根ヶ崎駅 西口
箱根ヶ崎駅 西口からファインクラフトまでの道順です。
 箱根ヶ崎駅の改札を出たら西口出口へ
エレベーター・エスカレーターをご利用ください


②箱根ヶ崎駅 西口を出たら右側の歩道を直進して下さい。
区画整理が終わったばかりの箱根ヶ崎駅 西口は、まだ商店も有りません。

 途中、米軍横田基地の滑走路の真下を通過

大きな飛行機が着陸するところを、真下から見る事が出来ます。


④箱根ヶ崎駅から200mぐらいで新青梅街道を横断します。
新青梅街道をセブンイレブンに向かって横断し、さらに直進して下さい。
⑤新青梅街道を横断し450m直進、次に16号瑞穂バイパスを横断します。
進行方向右側にあるローソンの横を通過、16号瑞穂バイパスを横断し、さらに直進します。


⑥16号瑞穂バイパスを横断して、さらに100m直進します。
16号瑞穂バイパスを横断し100m直進すると、3階建てアパートと瑞穂第4小学校が見えて来ます。


⑦瑞穂第4小学校とアパートの間の細い道を右折します。
ここで初めて右折します、歩行者専用の細い道です。


⑧右折後90m進み、左折します。


⑨左折し70m進むとファインクラフトに到着


いらっしゃいませ!ようこそファインクラフトへ!
たくさんの車両を持っての移動は大変ですので、時間に余裕を持ってご来店ください!
たまには八高線も良いもんですよ!
電車じゃファインクラフトには行けないよ!
と思っているお客様!1000m歩くと楽しさが待ってます!!


2018年2月17日土曜日

撮り鉄 お客様写真1343

撮り鉄 お客様写真
M50編成ありがとう
2018.1.24日撮影
(撮影場所)
豊田車両センターにて
(お客様のコメントです)
1月25日木)に長野への最後の旅立ちを迎え、前日の夕方に豊田へ撮影に行きました。
211系やM51が別れを惜しんでいる様でした。
2月5日から解体が始まってしまいました。





2018年2月16日金曜日

撮り鉄 お客様写真1342

撮り鉄 お客様写真
さよならE351系
2018.1.10日撮影
(撮影場所)
豊田駅~八王子駅
(お客様のコメントです)
E353系の置き換えとして早くも廃車になってしまいます。
既に長野で解体が始まっています。



2018年2月15日木曜日

お客様車両264

お客様車両
ワールド工芸 イベント限定完成品 DE50

昨年暮れの「さいたま鉄道模型フェスタ2017」において、会場限定販売されたDE50完成品を、当日入手しました!
実車は1970年、次期主力ディーゼル機関車を目指して開発されたDE10の拡大発展形で、スペックはDD51を上回り、伯備線等で運用されたのですが、1970年代以降の情勢の悪化で実用に至らなかった「幻の最強機関車」であります。

模型は、車体がプラスティックと金属の複合素材模型で、一般販売はキット形式だけなのですが、イベント限定で完成品が販売されました。
特製完成品らしくメーカー見本そのままの完成度です。(完成品には一般販売のキットには使われないパーツが使われると読んだ事がありますがぱっと見解りません。)カプラー交換などは分解には難がありそうなので難しそうです。
キットが入手できれば現代を想定して「青更新色」や「JR貨物後期更新色」なども出来そうなのですが。


2018年2月14日水曜日

ファインクラフトのジオラマ紹介9

街の人々のご紹介
消防署の隊員は万が一の災害に備え、日々の点検を怠りません!
街にはあらゆる職業の人達がいます、大人や子供、お爺ちゃん、お婆ちゃん、他にも数百人の人々が
このジオラマの中で物語を作っています。
人形達は、向かい合い、よーく耳を澄ますと会話が聞こえてくるように配置しています。

街の安全を見守るおまわりさん、事件もなく暇そうにしています、暇なほうが良い事です!

高架の下に造られた公園
女子高生はおしゃべりに夢中!子供達も仲良く遊んでいます!

デイサービスに来たお年寄り、屋上で日向ぼっこをしながらの楽しい会話が聞こえます!

郵便配達ご苦労様。


鉄道ジオラマなので、いろんな所で保線作業が行われています。

冬の街角、道路の脇に焼き芋屋さんがいます。お母さんと子供達が3時のおやつに焼き芋を買いに来ました!
今回ご紹介した以外にも、ジオラマの中には沢山の物語が隠れています。
お好きな場面で、お持ちの車両と一緒に撮影をお楽しみください!

2018年2月13日火曜日

ファインクラフトのジオラマ紹介8

橋と川のご紹介
ジオラマ中央を南北に流れる一級河川、その川には大きな橋が5本架かっています。
川の水面は特殊加工を施し、本物の水があるのかと思うほど、リアルな雰囲気を醸し出しています。
ジオラマの空と雲は、ハンドメイドの撮影用背景ボードで、お客様のご希望があれば、ご利用できます。

ジオラマ中央 2連のトラス橋は、5,6番線の列車が通過します。
8の字2週の一番人気路線です!

ガーター橋を通過するのは、1,2番線の車両です。
川の水面に近い位置で建設されたこの橋、特に夜景運転タイムでは水面に車両の灯りが反射して見応え十分です!

深緑色で塗装された大型のトラス橋は、3,4番線の車両が通過します。
3,4番線は一周全てが高架の路線、新幹線が通過する時は迫力満点!

この2色のトラス橋も5,6番線用です。
橋を通過する車両を眺めているのも楽しいです!

この川の支流で釣りを楽しむ おじさん達、手漕ぎボートに乗って大物を狙っています。


大型重機やダンプカー、護岸工事が行われています、コンクリートミキサー車が次々にやって来て生コンを流しています。